JAVAバージョンの変更方法

このページでは、MinecraftサーバーJAVAバージョンの変更方法をご説明します。

ご利用になるMinecraftサーバーのバージョンによっては、JAVAのバージョン変更が必要となる場合があります。

現在認知されているJAVAバージョン変更が必要な場合

  • Minecraft JAVA版 1.17 以上のサーバーを稼働させる場合
    → Java 16 に変更が必要
  • Minecraft JAVA版 Forgeサーバーを稼働させる場合
    → Java 8 に変更が必要

最終更新: 2021年06月12日
(お気づきの点がございましたらお問い合わせください)

JAVAバージョンの変更方法

  1. コントロールパネルを開く
  2. Minecraftサーバーの停止
  3. 起動パラメーターを開く
  4. ドッカーイメージ(JAVAバージョン)でご希望のJAVAバージョンを選択
  5. Minecraftサーバーの起動

この5つの手順でサーバーのJAVAバージョンを変更できます。

旧コントロールパネル(2020年まで使用)をご利用の場合、JAVAバージョンは変更できません。

新コントロールパネルに移行するため、サポートまでお問い合わせ下さい。

コントロールパネルを開く

まずは、Minecraftサーバーのコントロールパネルを開きます。

https://p2.agames.jp/

ログインしたら、JAVAバージョンを変更したいサーバーを選択します。

Minecraftサーバーの停止

JAVAバージョンを変更を安全に行うため、Minecraftサーバーを停止します。

起動パラメーターを開く

コントロールパネル上部のメニューで、起動パラメーターを選択します。

ドッカーイメージ(JAVAバージョン)でご希望のJAVAバージョンを選択

ドッカーイメージ(JAVAバージョン)でご希望のJAVAバージョンを選択します。

  • java で終わるもの → JAVA 8
  • java-11 で終わるもの → JAVA 11
  • openjdk-16 で終わるもの → JAVA 16

Minecraftサーバーの起動

JAVAバージョンが変更できたら、「コンソール」に戻りMinecraftサーバーを起動します。

お困りの際はお問い合わせください

AGAMESでは、お客様に快適にサービスをご利用頂くため、サポートデスクでスタッフがお客様をサポートします。

調べてもご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください!

Was this article helpful?

Related Articles

Leave A Comment?